アクセス解析 集団いじめ被害妄想的新日記 集団ストーカーの目的

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカーの目的

⑤集団ストーカーは複数団体による複合体のネットワークを形成し、責任の所在を曖昧にするシステムになっている

⑥つまり、責任の所在が曖昧なシステムであるのに、被害者が加害団体を推測・特定して非難すると、証拠がない・名誉毀損だ・言いがかりだ、などと言われるシステムだということになる

⑦この集団ストーカーの過程で、被害者は頻繁に理不尽さを感じることになるが、次第に理不尽なことに対して耐性ができてくる場合がある(それが目的であるとすれば、冒頭の「そんなやつらをおとなしくする方法があるんだよ」と合致する)
⑧他の被害者の報告を読むことで、集団ストーカーにどのような手口があるかが分かる掲示板や被害者サイトなどは、集団ストーカーにとっては邪魔なので荒らされることになる

⑨このシステムを運用・維持することが利権と結びついているとも考えられ、それがAGSASで言うところの悪徳人脈であり、金銭の他に、被害者の反応(どのような手口が有効かどうか)や、被害者から得られる情報も加害者側の利益となっているとも考えられる
⑩ これらを総合すると、集団ストーカーは、被害者を精神病にしたりキレさせたりする多目的であるとも、目的はなく個々の集団ストーカー手口が存在するただそれだけ(目的は被害を受けた被害者の主観により勝手に推測されるにすぎない)のシステムとも言え、集団ストーカーされる理由や目的や正体を考え込み悩むことが被害者にとって時間の無駄や精神的疲労をもたらす仕組みになっているとも思える
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。