アクセス解析 集団いじめ被害妄想的新日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仄めかし等において、脅迫的意味合いを含めた度を過ぎた行為は、刑事責任を検討します。具体
  的には、傷害罪、暴行罪、名誉毀損罪、侮辱罪などが考えられます。刑事責任を追及するには、
  告訴・告発をすることになります。

 (傷害)
  第204条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 (暴行)
  第208条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三
        十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 (名誉毀損)
  第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三
        年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 (侮辱)
  第231条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。


6.車両ストーカー
   方向指示器等を改造し、「アンカリング」目的で不正改造車を走行させる行為です。

   道路運送車両法(自動車の装置)
   第41条 自動車は、次に掲げる装置について、国土交通省令で定める保安上又は公害防止そ
        の他の環境保全上の技術基準に適合するものでなければ、運行の用に供してはなら
        ない。
        十五  方向指示器その他の指示装置

  7.浄水毒物等混入
   集団ストーカーを実施したが、察知された場合に、情報拡散を妨害する目的で実施する行為で
   す。

   刑法(浄水毒物等混入)
   第144条 人の飲料に供する浄水に毒物その他人の健康を害すべき物を混入した者は、3年
         以下の懲役に処する。
北海道 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例


 第3条 何人も、道路、公園、広場、駅、興行場、飲食店その他の公共の場所(以下「公共の場
      所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公共の乗物(以下
      「公共の乗物」という。)において、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
      (1)多数でうろつき、又はたむろして、通行人、入場者、乗客等の公衆に対し、いい
         がかりをつけ、すごむ等不安を覚えさせるような言動をすること。
      ……尾行、待ち伏せ、仄めかしは条例違反です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。