アクセス解析 集団いじめ被害妄想的新日記 タイプ1 まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイプ1 まとめ


集団ストーカーのシステムで逮捕されてしまったひと

24時間精神病院入院体制に追い込まれているひと 様々います。実際います。
タイプ1

まず、周囲に対して「本人(ターゲット)には絶対言ってはいけない」等と周知させ、ターゲット
 を徹底的に孤立化させます。そしてターゲットを24時間365日監視して陥れるのですが、尾行
 しなければ知りえないようなことを把握したうえで、ターゲットを取り巻く全環境にて、ターゲッ
 トがいかにも悪人であるような場を仕立て上げる仕組みです。

 ターゲットを「自己愛性人格障害」と一方的に診断し、「見過ごされた神経症」を治療する等とい
 う大義名分で、「社会的拒絶」「脳の錯覚」を引き起こすことが最適と頑なに信じている組織があ
 るのです。この錯覚を引き起こすの必要な工作というのが彼らの主張です。

 そして「ターゲットは叩かないとわからない人物」的な観点でこの工作を第三者に依頼、実施し、
 これら集団ストーカー手法を利用してターゲット追い詰めて孤立化させます。これら嫌がらせ手法
 によって、ターゲットがキレたり、怒鳴ったり、近隣に対して苦情を申し出るよう促します。実際
 に周囲(加害者)は何もしていないという環境をでっち上げ、ターゲット一人のみが騒ぎ立てるよ
 うな場を作り上げます。そしてターゲットが警察に相談すると、一切捜査はせずに精神病院を紹介
 されたりします。警察官がその工作に加担する例も見られます。警察(生活安全課)が被害を受け
 付けないのは、集団ストーカーを実施する組織から得られる情報網が有用であるというのが、大方
 の見方です。

 工作の効果が見られない場合、ターゲットが人間不信に陥り孤立していることを周囲に見せしめま
 す。ここでターゲットに対して「周りには仲間がいるのに、コンタクトしないのはおかしい」等と、
 周囲に相談するような場を仕立て上げます。これをミスリード手法と言います。迷惑行為を継続的
 に実施し、精神的に参ったターゲットを首謀者の元へ誘き寄せて次のように言います。
 「今まで、あんた(ターゲット)は何してた?」
 ターゲットの言論、行動を「上から見ていた」と主張し、首謀者が計画した尾行、待ち伏せ、盗聴
行為、パワハラ、そして握られた不正情報を覆い隠します。「これが世間だ!」という言葉を使っ
 て。精神的に弱ったターゲットを首謀者の元に来させるのも、首謀者の目的の一つです。

 この工作は身内をも利用し、最終的な犯人を親、兄弟、親戚と仕立て上げ、「親がやっているから
 いいのだ」等と世間の同情を買う理由をでっち上げるのが、報告されている中で多い事例です。

 宗教理由の場合は脱会阻止、宗教関係者との言い争い(近所トラブル)等があります。ある人が、
 たまたまゴミ捨てマナーが悪い人に対して注意をしたら、注意された人が宗教学会組織に加盟して
 いたため、ターゲットにされてしまった例は多く報告されています。そしてそれを契機に反宗教学
 会団体に加入して保守活動をする例もあります。携帯電話の使い方が悪いと注意した人が、逆上さ
 れて殺される例がたまに報道されますが、それに似たメカニズムです。この手法は、本来脱会者に
 行われてきた行為ですが、一般人にも向けられ始めています。

 政治理由の場合は、もちろん政治妨害です。政治妨害は極めて熾烈な妨害が存在します。例えばあ
 る候補者の選挙演説になると、必ず決まって多数の障害者が現れる等の事例も存在します。政治家
 ではない人が、たまたま政治に関わるような職業(ポジション)にいただけで、政治活動の邪魔で
 ある理由でターゲットにされてしまった例も報告されています。

 そして様々工作活動によってターゲットが嵌められ、逮捕されてしまう例も存在します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。