アクセス解析 集団いじめ被害妄想的新日記 入浴修行ってさ。禊修行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴修行ってさ。禊修行


長野県の地獄谷温泉で入浴する日本猿入浴(にゅうよく)とは主に人が身体の清潔を保つことを目的として、湯や水・水蒸気などに身体を浸すことを指す。

※入浴施設の構造物に関しては風呂を参照。

目次 [非表示]
1 歴史
1.1 中東・中央アジア
1.2 ヨーロッパ
1.3 日本
2 日本の入浴習慣
2.1 共同浴場(銭湯)
2.2 日本語における入浴
3 医学的知見
4 入浴介助
5 脚注
6 関連項目
7 外部リンク

歴史中東・中央アジア紀元前1世紀ごろから、中央アジアで蒸し風呂があったと思われる。これは、高温に加熱した石に水をかけることで蒸気を発生させて入浴を行った。燃料などが少なくて済み手軽に使用できたため、冷水による入浴に適さない地域で広まった。中東では、この蒸し風呂が公衆浴場(ハンマーム)となった。またロシアや北欧に伝わりサウナの原型ともなった。

ヨーロッパ
カラカラ大浴場跡 床は美しいモザイクのタイル張りであった紀元前4世紀頃の、ギリシャの都市に公衆浴場が存在した。

ローマ帝国時代には、各植民都市に共同浴場が作られた。入浴様式は蒸し風呂の他に、広い浴槽に浸かる形式もあった。217年につくられたローマのカラカラ大浴場は、2000人以上が同時に入浴できたといわれている。古代ローマの入浴は、官営病院を持たなかったローマ人の感染予防施設としても使われた。

ローマの共同浴場は時代の流れとともに、大衆化し社交場・娯楽施設としての意味が増してきた。一方で売春や飲酒蔓延、怠惰の温床にもなった。

次第にキリスト教の厳格な信者からはローマ式の入浴スタイルは退廃的であるとされ、敬遠されるようになった。その後、中世に十字軍によって再び東方から入浴の慣習が伝わったものの今度は教会が入浴の行為は異教徒的として非難した為にその後は入浴の習慣は無くなっていった。また共同浴場は、梅毒やペストなどの伝染病の温床というイメージも入浴を衰退させる原因になった。結果、キリスト教徒の間では入浴は享楽の象徴とされ忌み嫌われシャワーが主流になっていった。

中世ヨーロッパ(特にフランス)では、風呂に入ると皮膚の常在細菌が洗い流されて逆に病気になると信じられてきた。ヴェルサイユ宮殿のバスタブは建設された当初は使われていたものの、その後はマリー・アントワネットが嫁ぐまで使われなかった。王侯貴族は入浴の代わりに頻繁にシャツを着替え、香水で体臭をごまかすようになった。これがパリなどのフランスの大都市部の公衆衛生の悪化の原因の一つとなった。しかし1875年にイギリスで「公衆衛生法」ができ、入浴が奨励されるようになった。徐々にバスタブによる入浴が行われるようになった。さらに19世紀、イギリスでシャワーが発明される。以後、シャワーによる入浴が世界に広まった。

日本もともと日本では神道の風習で、川や滝で行われた沐浴の一種と思われる禊(みそぎ)の慣習が古くより行われていたと考えられている。

仏教が伝来した時、建立された寺院には湯堂、浴堂とよばれる沐浴のための施設が作られた。もともとは僧尼のための施設であったが、仏教においては病を退けて福を招来するものとして入浴が奨励され、『仏説温室洗浴衆僧経』と呼ばれる経典も存在し、施浴によって一般民衆への開放も進んだといわれている。特に光明皇后が建設を指示し、貧困層への入浴治療を目的としていたといわれる法華寺の浴堂は有名である。当時の入浴は湯につかるわけではなく、薬草などを入れた湯を沸かしその蒸気を浴堂内に取り込んだ蒸し風呂形式であった。

平安時代、鎌倉時代になると寺院にあった蒸し風呂様式の浴堂の施設を上級の公家や武家の屋敷内に取り込む様式が現れる。『枕草子』などにも、蒸し風呂の様子が記述されている。次第に宗教的意味が薄れ、衛生面や遊興面での色彩が強くなったと考えられている。

浴槽にお湯を張り、そこに体を浸かるというスタイルがいつ頃発生したかは不明である。古くから桶に水を入れて体を洗う行水というスタイルと、蒸し風呂が融合してできたと考えられている。この入浴方法が、一般化したのは江戸時代に入ってからと考えられている。

だが、漢方医の間では入浴の習慣が広まることに危機感を覚えるものもいた。いわゆる後世派と呼ばれる医師たちは温泉療法以外による入浴は体内の気を乱して体に悪影響を与えると考えていた。貝原益軒の『養生訓』にも10日に1度ぬるま湯に沐浴すれば良く、それ以上の入浴は却って毒となると書かれている。だが、古方派とされる医師たちは実証主義観点から適度な入浴は気の循環を良くして体内の毒物を外部に排出するのを助けると論じ蘭方医も皮膚に垢が付着することの危険性を論じて、「入浴害毒論」を批判している。

現在、世界的に見ても日本人の入浴頻度はかなり高いが江戸時代は一般的に入浴頻度がそれほど高くなく銭湯などの共同浴場での入浴が一般的だった一方で、都市においては1日に何度も銭湯に行って入浴する者が多くいる事を記した書物がある[要出典]など地域や生活水準、あるいは季節によってまちまちであった。

毎日入浴する習慣が全国的になっていくのは、家庭内へガスによる瞬間湯沸器や水道水の普及が進んだ高度経済成長期以降のことである。

近年はシャワーが普及し、少人数世帯の増加と夏期に一日複数回入浴するためにシャワーのみ浴びるという人が増えた。また高温の入浴は健康(特に高血圧)に悪いと広まったため、ぬるめの入浴を好む日本人も増えるなど入浴の仕方に変化が現れている。特に沖縄県では浴槽を使う本土と違い、シャワーが原則である[要出典]。

日本の入浴習慣一般に日本人の平均入浴温度は40~43度程度といわれ、高い温水での入浴を好むと言われている[要出典]。世界的に見ても高い温度の入浴を好む民族といえる。

日本の浴室は、明治初期まで蒸し風呂を兼ねていた。そのため、蒸気を発生させるために入浴用の湯は高温であった(体を洗う湯は別に用意してあった)とされる。また、日本人が高い温度での入浴を好む理由はその住宅事情に由来しているという説がある。『徒然草』にも住まいは夏を旨とすべしとあるように日本の住居は日本の多湿の気候を考慮して、風通しの良い構造が好まれていた。このため冬場の防寒のため熱い温度の入浴が好まれるようになったというものである(特に江戸時代は気象学的に低温の時期だったとも言われ、「疝気」と称される冷えに由来する腹痛が多かったと言われている)。逆に真夏は高温多湿の気候により汗をかき易く、かつ火山島のため特に江戸などでは粘土質の土であり外を歩いたり風が吹けば体中が埃だらけになるので入浴して身体の汗を流しさっぱりとしたいと云う心理も働く為、1年を通じて入浴を必要とする日本の気候風土と火山が多い国土の特徴から温泉が多い事等から日本人が風呂好きになった原因とも云われる[要出典]。また神道や仏教の影響を受け、入浴によって垢を落とすことは心の中の垢(いわゆる「煩悩」)をも洗い流すと信じられてきたことや入浴による心身における爽快感という実体験が慣習として根付いたのだとする見方もある[要出典][1]。

これに対して中国では沐浴を5日に1回行うことが理想とされてきたが基本的には蒸気浴・あるいは行水の類であったと考えられており、日本人の入浴が特殊であったことを物語っている。他の外国も行水、シャワーを使用する国が多く日本流入浴法に慣れた人が戸惑うことがある。

共同浴場(銭湯

 禊修行っていつの間にか効いているんですよ !!!

江原ひろゆきを読んで実践したエハラーなんですけどね !!

そこまでやったら精神支障出てきて

 霊のようなものの幻覚に悩んでいる。

 最近では心霊写真を見つけやすくなったりするというのがある。
 
 卒業アルバムが怖い (^_^/

心霊スポット山形に行ってからなんとなく調子が悪い。
 しかしどこもカラダに異常がなく。入浴しまくって除霊修行しました。


 霊がまだなんかヘンなエロい霊がついてるんで.....。色情霊に悩まされた。あの夏...




現実で好きなひとをつくろうと努力するんだが続かない...
現実を見ろ !! でも霊が怒ってるかんじ怖い......


現実で好きなひとをつくれっていうメッセージですよね !!

その霊べったりしてくる....。

 熱が出ると霊が除霊されていくっていうが困ったことに風ひかないし

 入浴修行 禊おとししかないんスけど
 
 始終監視してるその霊らしきものの正体が判明したんですけど

 書くとやばいっすよな 
 
 なんか暗い部屋が怖いんです.....!!!!
 マジ怖い 電気消して寝られないんです 

 その霊 怖い.... ワタクシ臆病....すげぇ怖がり屋なの....

 地震怖かったスよな.....マジ震度9だもん....新聞まじめに読んだし。

 なにソレって感じで

 え....映画 ?? 映画音楽聴きすぎたかなって....

映画の見すぎだからこうなったのかとか思ったり

 
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。